現在カート内に商品はございません。

SAGYO TABLE

サギョウ テーブル 160 / 180 / 200

ブランド:
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 ホワイト

ホワイト

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 スミ

スミ

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 スモーク

スモーク

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 ウッド カラーバリエーション

ウッド カラーバリエーション

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 ホワイト

ホワイト

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 スミ

スミ

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 スモーク

スモーク

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 ウッド カラーバリエーション

ウッド カラーバリエーション

有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 ホワイト
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 スミ
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 スモーク
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200
有明 サギョウ テーブル 160 / 180 / 200 ウッド カラーバリエーション
国内外から高い評価を得ている建築家兼プロダクトデザイナー、芦沢 啓治によるよるSAGYO TABLE(サギョウ テーブル)。「SAGYO」とは、日本語の「作業」をアルファベットにしたものです。あらゆる作業に対応するテーブルとしてデザインしています。ホームオフィスにおけるデスク、ダイニングテーブル、子供の勉強机としてご使用できます。
Ariake(有明・アリアケ)は、佐賀県発の家具ブランド。日本や北欧など各国のデザイナーとコラボレーションし、世界に発信しています。

SAGYO TABLE

サギョウ テーブル 160 / 180 / 200

ブランド:
商品の仕様をご選択ください
サイズ
カラー・素材
アクセサリー
配送方法
¥209,000 〜 ¥271,700 (税込)
数量
商品の仕様を選択してください
カートに追加しました。
カートへ進む
商品の仕様を選択してください
ショッピングクレジット価格
24ヶ月プラン: ¥8,800〜 (税込)/ 月
商品の仕様を選択してください
サイズ

W160 x D85 x H73cm
W180 x D85 x H73cm
W200 x D85 x H73cm

材質・機能

オーク / アッシュ

保証期間
1年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
約1~2ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

大型商品のため、ご購入前に搬入経路のご確認をお願いいたします。

配送料金
北海道 本州・四国・九州 沖縄
組立設置 9,900円 7,700円 9,900円
ARIAKE 有明

ARIAKE
有明

Ariake(有明・アリアケ)は、家具の町である佐賀県諸富町のレグナテックと平田椅子製作所、二社が立ち上げた家具ブランドです。この名は九州にある有明海にちなんで名づけられました。「Ariake」とは日本語で夜明けを意味し、グローバル市場を目指し、海外のデザイナーたちとのコラボレーションを開始したこの二社の新しい幕開けを象徴しています。仕事における強いつながりは、良いものづくりの土台であるというのが私たちの信念です。家具は、人が共に住み、働き、食事をするという社会生活のために作られます。すべての作品はAnderssen & Voll(アンデシェン & ヴォル)、Gabriel Tan(ガブリエル・ タン)、芦沢啓治、Norm Architects(ノーム・アーキテクツ)、安積伸、Staffan Holm(スタファン・ ホルム)、Zoe Mowat(ゾエ・モワット)らのデザインにより、諸富で製作されています。

Keiji Ashizawa 芦沢 啓治

Keiji Ashizawa
芦沢 啓治

芦沢 啓治は1996年に横浜国立大学建築学科を卒業。architecture WORKSHOPにて建築家としてのキャリアをスタートし、金物家具製作工房であるsuper robotにて2年間にわたる家具制作を経て、2005年芦沢啓治建築設計事務所設立。また、2011年東日本大震災を受け地域社会自立支援型公共工房、石巻工房を創立。2014年石巻工房を家具ブランドとして法人化。建築、インテリアだけにとどまらず、カリモク、IKEA、良品計画などとの家具ブランドとの協業や、Panasonic homesとのパイロット建築プロジェクトなど幅広い分野で活動を行っています。建築、リノベーションから照明・家具デザインに一貫するフィロソフィー「正直なデザイン/Honest Design」から生み出される作品は、国内外から高く評価されています。

Menu

RECOMMENDATION