現在カート内に商品はございません。

ディアナ D

DIANA

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

クラシコン ディアナ D カラーバリエーション

カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

サイズ詳細

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

クラシコン ディアナ D カラーバリエーション

カラーバリエーション

クラシコン ディアナ D サイズ詳細

サイズ詳細

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D
クラシコン ディアナ D カラーバリエーション
クラシコン ディアナ D サイズ詳細
ドイツの家具メーカーClassiCon(クラシコン)のDIANA(ディアナ)は、Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)によるスチール製サイドテーブルシリーズ。
ディアナ Dはディアナシリーズの中のコーヒーテーブルモデル。ガラス天板の下は段違いになっており、雑誌や小物などを便利に収納することができます。
一枚のメタルシートを折り畳んで作られており、スチールの表面はパウダーコーティングされた、きめの細かいテクスチャーで、底面はポリエチレンで覆われており、滑りにくくなっています。
9色のカラーがございます。

ディアナ D

DIANA

サイズ

W90 x D64 x H27cm

材質・機能

ベース:スチール粉体塗装
天板:クリアガラス


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
1〜3年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥346,500 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

サブスクリプション価格
24ヶ月プラン: ¥12,320〜 (税込)/ 月

ClassiCon クラシコン

ClassiCon
クラシコン

1990年に誕生したClassiCon(クラシコン)は、ドイツ、ミュンヘンに本拠地を構える家具メーカーです。クラシック(古典)とコンテンポラリー(現代的な)を掛け合わせたブランド名は、温故知新を思わせ、クラシコンフィロソフィーのもと、その両翼を担うプロダクトを生産し展開しています。クラシコンを代表するデザイナーの一人にアイルランド生まれのアイリーン・グレイ(1878-1976)がいます。建築家であり、デザイナーであるグレイは、1920年代から抑制の効いたデザインで、女性デザイナーの先駆けとして活躍しました。彼女がデザインしたアジャスタブルテーブルは「20世紀のデザイン・アイコン」といわれ、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久コレクションに加わりました。現在は気鋭のデザイナーとのコラボレーションも行っており、ミニマリズムとは一線を画す独創的なデザインを展開しています。

Konstantin Grcic コンスタンチン・グルチッチ

Konstantin Grcic
コンスタンチン・グルチッチ

Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)は、1965年ドイツ・ミュンヘン生まれ。デザイン界に新たな風を吹き込むドイツ人デザイナーです。1990年にロンドン王立芸術学院を卒業し、その後イギリス人デザイナー、Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン)の事務所で働きました。1991年に自身の事務所「コンスタンチン・グルチッチ・インダストリアルデザイン」をミュンヘンに設立。ミニマリズムの潮流とは一線を画す革新的な作品を世に送り出しています。コンパッソ・ドーロ賞を受賞した照明「May day」(FLOS-1998)」とチェア「MYTO」(MAGIS-2008)は共にニュ-ヨ-ク近代美術館のパーマネントコレクションに加わっています。

Menu

Recommendation