デザインジャーナリストの土田貴宏さんのコラム「INSIGHT」の連載がスタート!

現在カート内に商品はございません。

タコ ダイニングテーブル 220

TAKO DINING TABLE 220

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 ウォルナット(ナチュラルクリア)

ウォルナット(ナチュラルクリア)

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 天板 コーリアン

天板 コーリアン

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 ウッド カラーバリエーション

ウッド カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 ウォルナット(ナチュラルクリア)

ウォルナット(ナチュラルクリア)

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 天板 コーリアン

天板 コーリアン

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 ウッド カラーバリエーション

ウッド カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 ウォルナット(ナチュラルクリア)
マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 天板 コーリアン
マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220
マルニ木工 タコ ダイニングテーブル 220 ウッド カラーバリエーション
深澤 直人によるTako ダイニングテーブルは、曲木を使わず切削加工だけで作り出されたオーガニックな曲線の脚部が特徴のダイニングテーブルです。
彫刻的で柔らかなフォルムはマルニ木工の加工技術と「工芸の工業化」を目指す姿勢から生まれました。

タコ ダイニングテーブル 220

TAKO DINING TABLE 220

サイズ

W220 x D95 x H70cm

材質・機能

オーク材 / ウォルナット材(ウレタン樹種塗装)、コーリアン


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
3年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

大型商品のため、ご購入前に搬入経路のご確認をお願いいたします。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥525,800 〜 ¥1,251,800 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
maruni マルニ木工

maruni
マルニ木工

1928年マルニ木工の前身である「昭和曲木工場」が広島で設立。創業以来「工芸の工業化」をモットーに、新技術の研究に勤しみ、木工機械の開発導入を進め、あらゆるプロセスにおいて改革を進めたマルニ木工は「技術のマルニ」と評されました。工芸の美しさを残しつつ、機械加工を追及したマルニ木工は「木」を知り尽くした国内家具メーカーです。2008年には深澤直人と共に「ヒロシマチェア」を発表し、アップル新本社・アップル・パークで「ヒロシマアームチェア」が数千脚採用されました。2011年にはジャスパー・モリソンも加わり、年々その世界観を広げています。デザイナーと技術者が真摯に向き合い、木の魅力を引き出すデザインと、職人による精緻なモノづくりを続けています。

Naoto Fukasawa 深澤直人

Naoto Fukasawa
深澤直人

深澤 直人は、1956年山梨県出身。1980年、多摩美術大学プロダクトデザイン学科を卒業し、同年セイコーエプソン入社しました。1989年に渡米し、ID Two (現 IDEO サンフランシスコ)に入社。シリコンバレーの産業を中心としたデザインの仕事に7年間従事した後、1996年帰国。IDEO東京オフィスを立ち上げ、支社長として日本のデザインコンサルタントのベースをつくります。2003年、NAOTO FUKASAWA DESIGNを設立し、デザインの領域は幅広く、電子精密機器から家具・インテリアに至るまで手がけています。活動も日本民藝館館長、多摩美術大学統合デザイン学科教授、21_21 Design Sightのディレクター、良品計画のデザインアドバイザリーボード、 マルニ木工のアートディレクターなど多岐に渡ります。

Menu

Recommendation