デザインジャーナリストの土田貴宏さんのコラム「INSIGHT」の連載がスタート!

現在カート内に商品はございません。

フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル

FLORENCE KNOLL COLLECTION OVAL TABLE

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 天板 カラーバリエーション

天板 カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

横幅:198cm サイズ詳細

横幅:244cm サイズ詳細

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 天板 カラーバリエーション

天板 カラーバリエーション

ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 横幅:198cm サイズ詳細

横幅:198cm サイズ詳細

ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 横幅:244cm サイズ詳細

横幅:244cm サイズ詳細

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル
ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル
ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル
ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 天板 カラーバリエーション
ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 横幅:198cm サイズ詳細
ノル スタジオ フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル 横幅:244cm サイズ詳細

フローレンス ノル コレクション オーバルテーブル

FLORENCE KNOLL COLLECTION OVAL TABLE

サイズ

W198 x D121 x H71cm
W244 x D137 x H71cm

材質・機能

ベース:スチール クローム仕上
天板:ウッド / マーブル


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
1〜3年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約6ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

大理石天板をご希望の際はお問合せください。
大型商品のため、ご購入前に搬入経路のご確認をお願いいたします。

商品の仕様をご選択ください
モデルタイプ
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥965,800 〜 ¥1,854,600 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Knoll Studio ノル スタジオ

Knoll Studio
ノル スタジオ

ドイツ出身のハンス・ノル(ウォルター・ノルの息子)は、1938年にニューヨークで家具ブランド、ノルを設立しました。ノルの経営にはデザイナーであり妻であるフローレンス・ノルも務め、夫婦で事業の発展に取り組みました。「ノル社の歴史は、近代デザイン運動の歴史でもある」と言われ、ミッドセンチュリーモダンを代表する家具ブランドとして国際的地位を確立しました。代表作には、ミース・ファン・デル・ローエの「バルセロナ・チェア」やエーロ・サーリネンの「チューリップチェア」など、20世紀デザインに多大な影響を与えた数々の名作家具があります。「使われる芸術品」と評されたノルの家具は、美しさと心地良さがあり、家庭のあらゆるシーンにおいて、モダンでありながら温かな空間を生み出してくれます。

Florence Knoll フローレンス・ノル

Florence Knoll
フローレンス・ノル

フローレンス・ノルは1917年、パン職人に家に生まれました。12歳で孤児になったフローレンスは、その後エリエル・サーリネンの養女となります。クランブリック美術アカデミーではエーロ・サーリネンやイームズ夫妻と同時期に在籍し交流を深めました。その後、イリノイ工科大学でも建築を学び、1946年ハンス・ノル(Knollの設立者)と結婚し、夫婦で事業の発展に取り組みました。

Menu

Recommendation