現在カート内に商品はございません。

組み立て品

LITTLE FLARE TABLE

リトルフレア テーブル

ブランド:
マジス リトルフレア テーブル Salad(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

Salad(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

マジス リトルフレア テーブル Circle(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

Circle(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

マジス リトルフレア テーブル White(テーブルの脚は透明です)

White(テーブルの脚は透明です)

マジス リトルフレア テーブル Salad(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

Salad(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

マジス リトルフレア テーブル Circle(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

Circle(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)

マジス リトルフレア テーブル White(テーブルの脚は透明です)

White(テーブルの脚は透明です)

マジス リトルフレア テーブル Salad(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)
マジス リトルフレア テーブル Circle(画像は使用イメージで、テーブルの脚は透明です)
マジス リトルフレア テーブル White(テーブルの脚は透明です)
マジス リトルフレア テーブル
マジス リトルフレア テーブル
マジス リトルフレア テーブル
マジス リトルフレア テーブル
マジス リトルフレア テーブル
LITTLE FLARE TABLE(リトルフレア テーブル)シリーズは、イタリアで設立された家具・家庭用品ブランドMagis(マジス)の遊び心たっぷりの子供用テーブルです。
名作「ノッテッド・チェア」のデザイナーMarcel Wanders (マルセル・ワンダース)が作った子供の創造性を大いに引き出すキッズテーブル。
白を基調としたデザインに様々なアクセントが加わり、他にはないユニークな仕上がりになっています。
テーブルの脚は透明で、自由に絵を描いたペーパー(別売)や、お気に入りのポスター・折り紙やリボンなどを挿し込むことで「世界に一つだけ」のオリジナルテーブルに。
天板の4隅にはペンホルダーの穴が開いていて、卓上にペン立てを置いていてひっくり返すようなこともないので便利。
子供心をくすぐるデザインは、きっと思い出に残る商品として子供部屋を飾り続けるでしょう。
組み立て品

LITTLE FLARE TABLE

リトルフレア テーブル

ブランド:
商品の仕様をご選択ください
モデルタイプ
アクセサリー
配送方法
¥79,640 〜 ¥108,240 (税込)
数量
商品の仕様を選択してください
カートに追加しました。
カートへ進む
商品の仕様を選択してください
サイズ

W100 x D75 x H56cm

材質・機能

天板:MDF(ポリメリックコート)
脚:ポリカーボネイト
ペンホルダー:ABS樹脂

保証期間
1年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
約4~5ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

お客様ご自身で簡単な組み立てが必要です。(工具不要)

配送料金
北海道 本州・四国・九州 沖縄
軒先渡し 0円 0円 0円
Magis マジス

Magis
マジス

Magis(マジス)は、1976年にユージニオ・ペラッツァよって北東イタリアに設立された家具・家庭用品ブランド。マジスはラテン語で“もっと”を意味し、ものづくりに対するさらなるこだわりが込められています。マジスの特徴であるプラスチック素材は、プロダクトにおいて進歩的な成形技術を備え、時代の変化に対応した最先端技術を取り入れています。環境問題に対するエコ素材の取り組みなど、新しい製造方針も挑戦しています。ジャスパー・モリソンやコンスタンティン・グルチッチ、ロナン&エルワン・ブルレックなど世界を代表するデザイナーを起用し、世界で数々の賞を受賞。ニューヨーク現代美術館やパリ国立近代美術館など、世界のミュージアムでパーマネントコレクションに選ばれています。

Marcel Wanders マルセル・ワンダース

Marcel Wanders
マルセル・ワンダース

1963年オランダのボックステルで生まれたMarcel Wanders(マルセル・ワンダース)は、アーネス美術学校を優秀な成績で卒業。卒業後は自身のスタジオ「Marcel Wonders Studio」を設立。1996年ドローグ・デザイン(オランダのプロダクトデザインレーベル)に参加し、ヒモ椅子「ノッテッド・チェア」を発表し、一躍有名になります。「デザイン界の異端児」と呼ばれ、様々な素材を駆使してユニークな作品を発表しています。

Menu

RECOMMENDATION