現在カート内に商品はございません。

ラッピング可

TG 台湾アカシアウッド コーヒーソーサー 131mm

TAIWAN ACACIA WOOD COFFEE SAUCER

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

ティージー TG 台湾アカシアウッド コーヒーソーサー 131mm
ティージー TG 台湾アカシアウッド コーヒーソーサー 131mm
ティージー TG 台湾アカシアウッド コーヒーソーサー 131mm
TG(ティージー)は、台湾玻璃工業(台湾ガラス)と深澤直人氏のコラボレーションによって生まれたテーブルウェア、キッチンウェアブランド。
深澤氏にとって、台湾の人々は「人懐っこくて、優しくて、誠実」。その印象をプロダクトデザインに落とし込むことで、温かみのある曲線で台湾を表現した、TG固有のガラス製品の美学を生み出しました。
TAIWAN ACACIA WOOD COFFEE SAUCER(台湾アカシアウッド コーヒーソーサー 131mm)で使用されているアカシアは、台湾では一般的な木材です。触り心地が良く堅牢な品質です。
台湾の白檀として賞賛されているアカシアは、はっきりとした独特の模様を持っています。さまざまな食器の成形の為に材料をさらに乾燥させました。
ラッピング可

TG 台湾アカシアウッド コーヒーソーサー 131mm

TAIWAN ACACIA WOOD COFFEE SAUCER

サイズ

Φ13.1 x H2.2cm

材質・機能

アカシア


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約1~2ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

ギフトラッピング
¥4,180 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
TG ティージー

TG
ティージー

TG(ティージー)は、上質な生活を重視する若い世代をターゲットに、台湾玻璃工業(台湾ガラス)が設立したブランド。世界的に著名なデザイナーである深澤直人氏を招き、台湾文化への洞察をデザインに反映させた、美しい耐熱ガラス製品シリーズを制作しました。台湾で作られたこのガラス製品は、世界中で販売されます。深澤氏は、Xue Xue(シェイシェイ) 社をクリエイティブ・インテグレーション・コンサルタントに迎え、台湾でのホスピタリティの経験を元に、独自のブランドイメージを創出しました。深澤氏にとって、台湾の人々は「人懐っこくて、優しくて、誠実」。その印象をプロダクトデザインに落とし込むことで、温かみのある曲線で台湾を表現した、TG固有のガラス製品の美学を生み出しました。台湾ガラスグループ、深澤直人氏、Xue Xue(シェイシェイ) 社の3者は、それぞれの卓越した生産技術とデザインの美学、台湾文化への深い洞察力を融合させ、ガラス製品に新たな息吹を吹き込みました。

Naoto Fukasawa 深澤直人

Naoto Fukasawa
深澤直人

深澤 直人は、1956年山梨県出身。1980年、多摩美術大学プロダクトデザイン学科を卒業し、同年セイコーエプソン入社しました。1989年に渡米し、ID Two (現 IDEO サンフランシスコ)に入社。シリコンバレーの産業を中心としたデザインの仕事に7年間従事した後、1996年帰国。IDEO東京オフィスを立ち上げ、支社長として日本のデザインコンサルタントのベースをつくります。2003年、NAOTO FUKASAWA DESIGNを設立し、デザインの領域は幅広く、電子精密機器から家具・インテリアに至るまで手がけています。活動も日本民藝館館長、多摩美術大学統合デザイン学科教授、21_21 Design Sightのディレクター、良品計画のデザインアドバイザリーボード、 マルニ木工のアートディレクターなど多岐に渡ります。

Menu

Recommendation