現在カート内に商品はございません。

アーヴァ スレッドベース バースツール

AAVA

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール シェル カラーバリエーション

シェル カラーバリエーション

アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール ベース カラーバリエーション

ベース カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール シェル カラーバリエーション

シェル カラーバリエーション

アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール ベース カラーバリエーション

ベース カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール
アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール
アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール
アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール シェル カラーバリエーション
アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール ベース カラーバリエーション
アルペール アーヴァ スレッドベース バースツール
エッセンシャルで機能的なアーヴァは心に訴えかけるようなシルエットに息吹を与えます。
優しい曲線が意外なコンテンポラリー感とエレガントなシルエットを両立します。
どんな環境でも周囲の雰囲気に無理なく溶け込む使い勝手の良いフォルムです。
ポリプロピレン素材のシートシェルは、エレガントなカラーを採用し、控えめでくせのない洗練されたカウンタースツールです。
さまざまな材質、カラー、仕上げで展開したアーヴァは、ホームユース、コントラクトユースのいずれにも適します。

アーヴァ スレッドベース バースツール

AAVA

サイズ

W52.5 x D52.5 x H108cm / SH74.5cm

材質・機能

シートシェル:ポリプロピレン
ベース:スチール


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
5年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

クローム脚、マットブラック脚のみ通常日本在庫品です。
下記以外の張地・仕様をご希望の際はお問合せください。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
ベースカラー
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥45,100 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Arper アルペール

Arper
アルペール

イタリアのトレヴィゾで設立されたArper(アルペール)は、2020年に亡くなるまで名誉会⾧を務めたルイジ・フェルトリンが1980年に、小さな皮革製造業を起業したことからはじまります。1989年、父の経営を引き継いだ息子のマウロとクラウディオは、共にグローバル化を目指し企業化しました。当初、レザーチェアを主に生産していましたが、その後レザーだけでなく、アルミニウム、ポリプロピレンなど他の素材を使った製品も開発しています。また環境を考え、オーガニック由来の合成樹脂やリサイクル素材を製品に取り入れるなど、ゆるぎない研究開発が行われています。余分な装飾を排して、むだのない形態と構造を追求した機能美が特徴です。

Antti Kotilainen アンティ・コティライネン

Antti Kotilainen
アンティ・コティライネン

Antti Kotilainen(アンティ・コティライネン)は、1966年フィンランド・ヘルシンキで生まれました。1995年にフィンランドのラハティ・インスティテュート・オブ・デザインを卒業し、1997年に自身のスタジオをヘルシンキに設立しました。以来、Arper(アルペール)やKnoll(ノル)など国際的な家具ブランドとコラボレーションし作品を発表しています。

Menu

Recommendation