現在カート内に商品はございません。

トロイ チェア 4レッグス

TROY CHAIR

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

マジス トロイ チェア 4レッグス カラーバリエーション

カラーバリエーション

マジス トロイ チェア 4レッグス カラーバリエーション

カラーバリエーション

マジス トロイ チェア 4レッグス シェル カラーバリエーション

シェル カラーバリエーション

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

サイズ詳細

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

マジス トロイ チェア 4レッグス カラーバリエーション

カラーバリエーション

マジス トロイ チェア 4レッグス カラーバリエーション

カラーバリエーション

マジス トロイ チェア 4レッグス シェル カラーバリエーション

シェル カラーバリエーション

マジス トロイ チェア 4レッグス サイズ詳細

サイズ詳細

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

マジス トロイ チェア 4レッグス
マジス トロイ チェア 4レッグス
マジス トロイ チェア 4レッグス
マジス トロイ チェア 4レッグス カラーバリエーション
マジス トロイ チェア 4レッグス カラーバリエーション
マジス トロイ チェア 4レッグス シェル カラーバリエーション
マジス トロイ チェア 4レッグス サイズ詳細
トロイ チェア 4レッグスは、カーブの付いた座面が優しい座り心地を実現。
カラーバリエーションの豊富さと6脚までスタッキング可能という機能性で、ダイニングやオフィスなど様々な空間で使いやすいチェアです。
塗装ベース(ホワイト / ブラック)は、屋外でもお使いいただけます。

トロイ チェア 4レッグス

TROY CHAIR

ブランド
サイズ

W56.5 x D51 x H80cm / SH46.5cm

材質・機能

シート:ポリプロピレン
ベース:クロム / ホワイト塗装 / ブラック塗装
塗装ベースのみ(ホワイト / ブラック)屋外使用可


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
1年

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
在庫がある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

下記以外の仕様をご希望の際はお問合せください。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
ベースカラー
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥44,000 〜 ¥50,600 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Magis マジス

Magis
マジス

Magis(マジス)は、1976年にユージニオ・ペラッツァよって北東イタリアに設立された家具・家庭用品ブランド。マジスはラテン語で“もっと”を意味し、ものづくりに対するさらなるこだわりが込められています。マジスの特徴であるプラスチック素材は、プロダクトにおいて進歩的な成形技術を備え、時代の変化に対応した最先端技術を取り入れています。環境問題に対するエコ素材の取り組みなど、新しい製造方針も挑戦しています。ジャスパー・モリソンやコンスタンティン・グルチッチ、ロナン&エルワン・ブルレックなど世界を代表するデザイナーを起用し、世界で数々の賞を受賞。ニューヨーク現代美術館やパリ国立近代美術館など、世界のミュージアムでパーマネントコレクションに選ばれています。

Marcel Wanders マルセル・ワンダース

Marcel Wanders
マルセル・ワンダース

1963年オランダのボックステルで生まれたMarcel Wanders(マルセル・ワンダース)は、アーネス美術学校を優秀な成績で卒業。卒業後は自身のスタジオ「Marcel Wonders Studio」を設立。1996年ドローグ・デザイン(オランダのプロダクトデザインレーベル)に参加し、ヒモ椅子「ノッテッド・チェア」を発表し、一躍有名になります。「デザイン界の異端児」と呼ばれ、様々な素材を駆使してユニークな作品を発表しています。

Menu

Recommendation