現在カート内に商品はございません。

Gc02-A

GC02-A

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
ヒラタ ゲン コレクション Gc02-A
GC02-Aは、Hirata Gen Collection(ヒラタ ゲン コレクション)のダイニングチェア。日本人とデンマーク人のデザインデュオstudioA27(スタジオA27)によるデザインです。
モダンでシンプルな鉄のフレームと木を融合させたGC02-Aは、洗練されたディテールが際立ちます。また、GC02-Aの特徴ともいえるミニマルなアームレストは、肘掛けとしての役割を果たすとともに、テーブルトップに引掛けることで、床の掃除を楽にしてくれます。
デザイン性と機能性を持ち合わせたGC02-Aはスタッキングも可能で、ご家庭のリビングルームの他、レストランやカフェなどの飲食店にもおすすめです。
同シリーズには、アームレストの無いタイプもございますので、ご使用になるシーンに応じてお選びいただけます。

Gc02-A

GC02-A

サイズ

W49 x D53 x H82cm / SH46cm

材質・機能

フレーム:スチール
背もたれ・座面:アッシュ材(水性塗料ホワイト仕上)


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
1年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
約1~2ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥42,900 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Hirata Gen Collection ヒラタ ゲン コレクション

Hirata Gen Collection
ヒラタ ゲン コレクション

Hirata Gen Collection(ヒラタ ゲン コレクション)は、クラシックなデンマークと日本のデザインを融合させ、環境に優しい自然素材を厳選した上で日本の職人が一つ一つ丁寧に作り上げている家具ブランドです。「gen」という言葉は、デンマーク語で「gene(遺伝子)」、日本語で「origin(根源)」を意味しており、この共通した一言がこの新しいブランドの本質を象徴しています。古くから伝わる職人の腕と最先端の機械技術を組み合わせることで、伝統と現代の文化による相乗効果を生み出すことができます。Hirata Gen Collectionのサスティナブルで永く使い続けられる高品質な家具は、この2つの高い技術が掛け合わさることによって実現しています。

studioA27 スタジオA27

studioA27
スタジオA27

studioA27(スタジオA27)は、日本生まれのデザイナー石河 泰治朗(イシコ タイジロウ)と、デンマーク生まれの建築家Lars Vejen(ラース・バイエン)によるデザインスタジオ。2人は、それぞれのバックグラウンドや日本とデンマークの美意識を融合させることで、国境を越え、長く愛されるデザインを目指しています。また、伝統的な職人技と現代技術の両方を尊重し、受け入れながら、常に最善のバランスを目指すことによって新たなプロダクトを生み出しています。

Menu

Recommendation