現在カート内に商品はございません。

ラッピング可

プレス ティーライト ホリゾンタル

PRESS TEALIGHT HORIZONTAL

トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル ラッピング

ラッピング

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル ラッピング

ラッピング

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル
トムディクソン プレス ティーライト ホリゾンタル ラッピング
Tom Dixon(トムディクソン)のPRESS TEALIGHT HORIZONTAL(プレス ティーライト ホリゾンタル)はオブジェのようなキャンドルホルダーです。
ひだ状のくぼみが重厚でインダストリアルな雰囲気を醸し出します。大胆なシルエットと簡素な機能美をあわせ持つグラス・アクセサリーのシリーズです。澄み切った透明感と厚みを合わせもつガラスをコイル状に巻いて成型したようなデザインが特徴で、外から差し込む光を取り込み、屈折させることで美しい光を放ちます。ガラス原料を摂氏1200℃に熱して液体状にし、幾つかの金型に分け冷却、成形する手法で、親しみのあるシルエットが実現しました。
ラッピング可

プレス ティーライト ホリゾンタル

PRESS TEALIGHT HORIZONTAL

サイズ

W9.5 x D9.5 x H7cm

材質・機能

ガラス


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

職人によるハンドメイド商品である為、ガラスの厚みや、冷却時に発生する気泡の大きさなど、個体差がありますが、いずれも「プレス」の製品特性につき、予めご了承ください。

キャンドルは付属しておりません。

配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

ギフトラッピング
¥7,700 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Tom Dixon トムディクソン

Tom Dixon
トムディクソン

Tom Dixon(トムディクソン)は2002年に創業した、デザイナー自身の名前(トム・ディクソン)を冠したブランド。トム・ディクソンは、企業人としての目線から離れ、全く新しいアングルから商品やインテリアのデザインを見つめ直すという、新たな探求の旅を始めました。その後、トム・ディクソンはインテリアの世界で、大きな影響力を持つ存在となり、その影響力はロンドン、ミラノ、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、中国、そしてこの東京のブランド・ハブを通じて益々拡がっています。照明、ファニチャー、テーブルウェアからルーム・フレグランスまで600種類以上の商品を世界65の国々に届けています。

Tom Dixon トム・ディクソン

Tom Dixon
トム・ディクソン

Tom Dixon(トム・ディクソン)は休むことを知らないイノベーターで、照明や家具、ホームアクセサリーの開発に日々取り組んでいます。デザイナーとしてのキャリアを歩み始めた1980年代初頭以降、鉄屑を溶接でつなぎ合わせ前衛的な家具作りに没頭していた時代を経て、イタリアの高級家具メーカーCappellini(カッペリーニ)との家具製作、Habitat(ハビタ)や Artek(アルテック)にてクリエイティブ・ディレクターの職を務め、プラスチック製品工房Eurolounge(ユーロラウンジ)を創業したりと、様々なデザイン分野で経験を積み上げた後、デザイン業界におけるプロダクト・デザイナーとして彼が辿った道を見つめ直す為、彼自身の名前を冠したブランドを2002年に創業しました。

Menu

Recommendation