現在カート内に商品はございません。

ラッピング可

トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm

TUTEN VASE WHITE 14cm & 18cm

ローゼンタール トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm H14cm

H14cm

ローゼンタール トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm H18cm

H18cm

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

ローゼンタール トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm H14cm

H14cm

ローゼンタール トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm H18cm

H18cm

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

ローゼンタール トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm H14cm
ローゼンタール トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm H18cm
ローゼンタールのスタジオライン「TUTEN(トゥトェン)」。トゥトェン(ペーパーバッグ)は、ネーミングの通り、紙袋のクシャクシャ感がデザインされたユニークなベースです。タピオ・ヴィルカラの特長である力強さとダイナミックなデザインが反映されています。

『ローゼンタール・スタジオライン』は、時代を代表する芸術家やデザイナーとコラボレートしたコレクションです。
スタジオラインが目指すところは、デザイン(創造力や独創性)と、ファンクション(機能性)が融合した美しい作品によって、わたしたちの毎日の暮らしで使われる食器やインテリアの水準を高めることです。伝統的な製品を作り続けるだけでは、たとえそれが優れたものであっても意味を持たないという考えから、ローゼンタールは1950年代にはあたらしい作風に取り組み、<時代の感覚に合って、いつの時代でも真の価値を保ち続けるもの>をテーマとして、1961年に『ローゼンタール・スタジオライン』を立ち上げました。
ラッピング可

トゥトェン ベース ホワイト 14cm & 18cm

TUTEN VASE WHITE 14cm & 18cm

サイズ

H14cm
H18cm

材質・機能

素材:磁器
原産国:ドイツ


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:要確認

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

商品の仕様をご選択ください
サイズ
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

ギフトラッピング
¥14,300 〜 ¥19,800 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Rosenthal ローゼンタール

Rosenthal
ローゼンタール

Rosenthal(ローゼンタール)は、1879年、フィリップ・ローゼンタール1世によって、ドイツ南部バイエルン州に工房を開いたことから始まります。白い磁器に絵付を施し販売するという商売を始め、ユニークな絵付アイデアが好評を博し、事業は急速に発展しました。1958年、彼の息子フィリップ・ローゼンタール2世が会社を継ぎ、ローゼンタールは芸術とデザインの象徴へと変貌をとげます。世界中の著名なデザイナーや芸術家たちが賛同し、コラボレーションを実現しています。数多くのデザイン賞を授与し、ヨーロッパを代表する磁器メーカーです。

Tapio Wirkkala タピオ・ヴィルカラ

Tapio Wirkkala
タピオ・ヴィルカラ

1915年フィンランド生まれ。彫刻家であり、ガラスデザイナーであるタピオ・ヴィルカラは、フィンランドの現代デザインに国際的名声を与えたデザイナーの一人です。1946年にイッタラ社のガラス・アート・コンペで受賞し、以後多くのガラス作品を生み出しています。フィンランドの自然にインスピレーションを受けた作品は、ガラスのみならず、家具や食器、切手など様々な作品に反映され、世界中で愛され続けています。

Menu

Recommendation