現在カート内に商品はございません。

リキ スチール クロック

RIKI STEEL CLOCK

レムノス リキ スチール クロック WR17-11 / オレンジ

WR17-11 / オレンジ

レムノス リキ スチール クロック WR17-10 / ブラック

WR17-10 / ブラック

レムノス リキ スチール クロック WR17-10 / ホワイト

WR17-10 / ホワイト

レムノス リキ スチール クロック サイド

サイド

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

レムノス リキ スチール クロック WR17-11 / オレンジ

WR17-11 / オレンジ

レムノス リキ スチール クロック WR17-10 / ブラック

WR17-10 / ブラック

レムノス リキ スチール クロック WR17-10 / ホワイト

WR17-10 / ホワイト

レムノス リキ スチール クロック サイド

サイド

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

レムノス リキ スチール クロック WR17-11 / オレンジ
レムノス リキ スチール クロック WR17-10 / ブラック
レムノス リキ スチール クロック WR17-10 / ホワイト
レムノス リキ スチール クロック サイド
レムノス リキ スチール クロック
レムノス リキ スチール クロック
レムノス リキ スチール クロック
レムノス リキ スチール クロック
レムノス リキ スチール クロック
1949年に個人事務所を立ち上げ、フリーランスデザイナーとして活動した草分け的な存在であり、20世紀の日本のデザイン界の礎を築いてきたデザイナー、渡辺 力によるRIKI STEEL CLOCK(リキ スチール クロック)。
より実用性を求められるようになったパーソナルクロックは、クオーツにより、月差何秒という極めて正確なものなものになりました。
1977年「内に集中する力と外に広がる力」のバランスをテーマにデザインされたこの時計は、異なるアプローチながら、12方向のラインとアラビア数字の絶妙なコンビネーションにより、大きく見せ、小さく感じさせるパーソナルクロックの一つの完成形を作りました。傍に近付き、少し離れてみれば、その素晴らしさを体験できると思います。秒針がスムーズに動くスイープセコンドを採用。

リキ スチール クロック

RIKI STEEL CLOCK

サイズ

Φ20.4 x D6cm / 610g

材質・機能

スチール、ABS樹脂、ガラス
スイープセコンド


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
1年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約1~2ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥13,200 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Lemnos レムノス

Lemnos
レムノス

毎日なにげなく、何度も目にするものだからこそ、空間を豊かにする存在であってほしい。この思いを大切にLemnos(レムノス)は多くの著名デザイナーとプロジェクトを組み、数々の名品を発表してきました。レムノスのプロダクトは、職人の研ぎ澄まされた手の技によって支えられています。素材が持つ魅力を最大限に引き出すことによって、時がたっても色あせないデザインが生まれます。革新的なデザインと国内で丁寧に作られたプロダクトはグッドデザイン賞をはじめ、国内外で数々の賞を受賞し、高い評価を得ています。

Riki Watanabe 渡辺 力

Riki Watanabe
渡辺 力

渡辺 力は東京高等工芸学校木材工芸科卒業し、母校助教授、東京帝国大学(現東京大学)林学科助手等を経て、'49年日本初のデザイン事務所を設立。東京造形大学室内建築科、クラフトセンター・ジャパン、日本インダストリアルデザイナー協会、日本デザインコミッティーの創設に深く関わりました。京王プラザホテル、プリンスホテルなどのインテリアデザイン、ヒモイス、トリイスツール等の家具、また壁時計に始まり日比谷第一生命ポール時計などパブリッククロック、ウォッチまで時計の仕事はライフワークとなりました。ミラノ・トリエンナーレ展金賞、毎日デザイン賞、紫綬褒章など受賞多数。2006年、東京国立近代美術館にて「渡辺力・リビングデザインの革新」展を開催。

Menu

Recommendation