現在カート内に商品はございません。

メルト テーブル

MELT TABLE

トムディクソン メルト テーブル 消灯時

消灯時

トムディクソン メルト テーブル 点灯時

点灯時

トムディクソン メルト テーブル LDF33 LEDサイフォンボール35 E17(別売推奨電球)

LDF33 LEDサイフォンボール35 E17(別売推奨電球)

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

トムディクソン メルト テーブル 消灯時

消灯時

トムディクソン メルト テーブル 点灯時

点灯時

トムディクソン メルト テーブル LDF33 LEDサイフォンボール35 E17(別売推奨電球)

LDF33 LEDサイフォンボール35 E17(別売推奨電球)

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

トムディクソン メルト テーブル 消灯時
トムディクソン メルト テーブル 点灯時
トムディクソン メルト テーブル
トムディクソン メルト テーブル
トムディクソン メルト テーブル LDF33 LEDサイフォンボール35 E17(別売推奨電球)
北欧家具の代表ブランドartek(アルテック)でクリエイティブ・ディレクターを務めたこともあるデザイナー、Tom Dixon(トム・ディクソン)による「MELT TABLE(メルト テーブル)」。
溶鉱炉で熱せられ、膨らんでいく吹きガラスのように、一見生命体のような意匠が特徴のテーブルライトです。
見る角度によって形が違って見えることから、ハンドメイドのガラス製品のように見えますが、シェードは射出成型されたポリカーボネートでできた照明です。
シェードの中は特殊な真空蒸着によって塗装され、シェード上部から底部にかけて塗装の濃度を段階的に変えることで、点灯時には、物体が溶けるような視覚効果を生み出し、消灯すると空気を漂う鏡面のオブジェへと変化します。色はコッパーのみとなります。

メルト テーブル

MELT TABLE

サイズ

Φ27 x H43.1cm

材質・機能

ポリカーボネート、スチール
点灯時:半透明 / 消灯時:鏡面仕上
本体スイッチ
推奨LED電球:LED E17 3W
推奨白熱電球:E17 25W


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

保証期間
1年間

保証内容はメーカーの保証規定に準じます。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

電球は付属しません。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
アクセサリー
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

¥132,000 〜 ¥135,520 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
Tom Dixon トムディクソン

Tom Dixon
トムディクソン

Tom Dixon(トムディクソン)は2002年に創業した、デザイナー自身の名前(トム・ディクソン)を冠したブランド。トム・ディクソンは、企業人としての目線から離れ、全く新しいアングルから商品やインテリアのデザインを見つめ直すという、新たな探求の旅を始めました。その後、トム・ディクソンはインテリアの世界で、大きな影響力を持つ存在となり、その影響力はロンドン、ミラノ、ニューヨーク、ロサンゼルス、香港、中国、そしてこの東京のブランド・ハブを通じて益々拡がっています。照明、ファニチャー、テーブルウェアからルーム・フレグランスまで600種類以上の商品を世界65の国々に届けています。

Tom Dixon トム・ディクソン

Tom Dixon
トム・ディクソン

Tom Dixon(トム・ディクソン)は休むことを知らないイノベーターで、照明や家具、ホームアクセサリーの開発に日々取り組んでいます。デザイナーとしてのキャリアを歩み始めた1980年代初頭以降、鉄屑を溶接でつなぎ合わせ前衛的な家具作りに没頭していた時代を経て、イタリアの高級家具メーカーCappellini(カッペリーニ)との家具製作、Habitat(ハビタ)や Artek(アルテック)にてクリエイティブ・ディレクターの職を務め、プラスチック製品工房Eurolounge(ユーロラウンジ)を創業したりと、様々なデザイン分野で経験を積み上げた後、デザイン業界におけるプロダクト・デザイナーとして彼が辿った道を見つめ直す為、彼自身の名前を冠したブランドを2002年に創業しました。

Menu

Recommendation