現在カート内に商品はございません。

ラッピング可

アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm

ALVAR AALTO COLLECTION BOWL

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm クリア

クリア

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm ホワイト

ホワイト

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm ラッピング

ラッピング

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。
画像をタップし、ピンチすると画像を拡大縮小できます。

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm クリア

クリア

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm ホワイト

ホワイト

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm ラッピング

ラッピング

画像と実物の商品は色味等が異なる場合がございます。

イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm クリア
イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm ホワイト
イッタラ アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm ラッピング
フィンランドの建築家・デザイナーのAlvar Aalto (アルヴァ・アアルト)によって1936年に発表されたアルヴァ・アアルトコレクションのボウルです。
翌年開かれたパリ万博にも出品されました。
当時の装飾品と比較して、この花瓶のシンプルでありながら流れるような有機的なフォルムは革命的でした。
フィンランドのデザインの象徴であり、世界で最も有名なガラス作品の一つです。
ナッツやフルーツを入れる食器としてだけでなく、デスク周りの小物を整理するのにも適しています。
現在もアルヴァ・アアルトコレクションは、イッタラの工房で手吹きで制作されています。
ラッピング可

アルヴァ・アアルトコレクション ボウル 50 x 195mm

ALVAR AALTO COLLECTION BOWL

サイズ

W19.5(最大) × H5cm

材質・機能

無鉛ガラス


木材や大理石等の天然素材に関しては、木目、節、虎斑、すじ、色味等の個体差が生じます。
天然素材ならではの個性としてお楽しみいただければと思います。
こちらを理由にキャンセルや交換はできません。

納期の目安
在庫ある場合:約1~2週間 在庫がない場合:約3~4ヵ月

在庫状況により、納期は大幅に前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、お問い合わせください。

備考・ご注意

小さな気泡、細かいキズやスジ、わずかな歪みなどが認められるものがありますが、品質には問題ございません。

商品の仕様をご選択ください
カラー・素材
配送方法
北海道 本州・四国・九州 沖縄
0円 0円 0円

沖縄や離島、納品場所、納品方法などによって、追加配送料が発生する場合がございます。
また、お届けが出来ないエリアもございます。
お届けが出来ないと判断された場合は、キャンセルをさせていただきます。
組立設置配送は、組立て(必要な場合のみ)、設置、梱包材の残材引き取りを行います。

ギフトラッピング
¥15,400 (税込)
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
iittala イッタラ

iittala
イッタラ

イッタラのはじまりは、1881年ガラス吹き職人ピーター・マグナス・アブラハムッソンがイッタラ村(フィンランド南部)に小さなガラス工場を設立したことに遡ります。1930年代から40年代、モダニズムのデザイナーであるアルヴァ・アアルトやアイノ・アアルト、カイ・フランクらがブランド開発を率い、フィンランドの美しい自然や文化からインスピレーションを得て、有機的なフォルムと機能性を兼ね備えたガラス製品を生み出しました。近年では、ロナン&エルワン・ブルレックやイッセイミヤケなど、先見性とオリジナリティに溢れるデザイナーらがイッタラのデザインに加わっています。

Alvar Aalto アルヴァ・アアルト

Alvar Aalto
アルヴァ・アアルト

建築評論家のジーグフリート・ギーディオンが「北欧の賢人」と例えたアルヴァ・アアルトは、1898年フィンランドのクオルタネに生まれました。生涯、200を超える建物を設計したアルヴァ・アアルトは、建築は家具と補完し合うものと考え、自身が設計した建築に合わせ、家具を手掛けることになります。またモダニズム運動の影響を受けていたアルヴァ・アアルトは、スチールパイプの代わりに曲げ木の技術を完成させ「L-レッグ」のという脚部を生み出し、L-レッグが用いられた「スツール60」は代表作となっています。

Menu

Recommendation